FC2ブログ
--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12
2017

初心

CATEGORY未分類
社員として厨房で働いていた三鷹のリトルスターレストランは
「毎月新聞ごはん」という4ページのフリーペーパーを発行していました。
私もその中で毎月「ファンシーな大酒飲み・野田美生のふぁんしい食道」(なんつータイトル、、、)
という食にまつわるコラムを書いていました。

先日このblogでこの記事を書いたときに思い出したのがこの記事。
少し長いけど、改めて初心を忘れずにの気持ちでこちらへ再掲。

===========================
2014年6月リトルスターレストラン「毎月新聞ごはん」より

先月6月1日に10周年を迎えたリトルスターレストラン。
私がホールのアルバイトとして入り、キッチンスタッフになってから4年半。
飲食店て日々本当に早く時間が過ぎてゆくものですね。
さてさて、ふと私は10年前なにをしていたかなと。まだぎりぎり学生でした。
グラフィックデザインの専門学校に通い、まさかその後料理人になるなんて考えもしていなかったあのころ、
それでもすでにお酒も料理がおいしいお店に通うのも大好きでした。

あれから10年、私は少しは成長しただろうか?たぶんしたところと、ダメになったところ両方がある。
そのなかで料理に対してはどうだろう?味覚か肥えた?知識が増えた?
そのころ結婚する前の夫とよく行っていた自由が丘のフランス料理屋さん、
日本一おいしいよねって言っていたラーメン屋さん、生パスタ屋さん。
あの頃の自分が感動した何かを確かめたくてもう一度行きたいと思うけど、そのほとんどのお店がもう無い。
そしていまそのお店に行けたとしても、もしかしたら同じ皿であの時の感動は得られないかもしれないのだ。
あのときは確かにそこに感動があったのに。

それでいいのだ。ワインのワの字も知らないあんな若造相手に丁寧に接客をしてくれた
シルバーグレーのソムリエさん、深夜にニコニコ明るいお母さんの横でぶっきらぼうにラーメンをつくる旦那さん。
味だけじゃ無い、いろんな要素がそこに感動を産んでいた。

10年前も、リトスタにいる今も、ここから10年後も、
味だけじゃないいろんな事から「美味しい」を作っていく。
料理人なった今、改めて若く素人だったあの頃の感動こそ大切にしていきたいなと思うのである。
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。